怪奇骨董たおやめぶりっこ

ますらおぶりに憧れるブログ。涙がちょちょぎれちゃう。だって怪奇骨董たおやめぶりっこだもの。

たおやめぶりっこ的2013年冬季(新春)アニメ感想(1)PSYCHO-レッド-あいまいみー

たおやめぶりっこ/ますらおぶりっこがひとしきり終わりましたので、終わりたてのうちになんか書いとかないと永遠に書かないでしょうから。脳内ブログ方式につらつらやるので話は飛びまくるかと思われます。

感想第1弾として、以下の番組を取り上げます。

PSYCHO-PASS

前期(たおやめぶりっこ/ますらおぶりっこ)に引き続いて、トップライナーは「元ZAZEN BOYSのベーシスト、町田のヤンキーこと日向秀和さんが在籍しているバンド」でおなじみの Nothing's Carved in Stoneであります。今期のOP/ED曲等のなかで突出した出来映え(ボジョレー並に)。

▼『Out of Control(short ver.)』Nothing's Carved in Stone

イントロ、ベース→ギター→ドラムと順に入ってくるけど、それぞれが自然タイミングの裏側から入ってくるのがグッド。このイントロからもうプログレ棒がオギンオギンです。RIOの『真夏の恋』を思い出すギミックです。

チューボーですよ!OP主題歌 RIO-真夏の恋

ベースの譜レースが最初は下のような区切りで聞こえるのが

↓↑↓↑↓・↑・|↓↑↓↑↓・↑・|↓↑↓↑↓・↑・|↓↑↓↑↓・↑・

途中から区切りが右にずれて、下のように聞こえるようになる。

↓|↑↓↑↓・↑・↓|↑↓↑↓・↑・↓|↑↓↑↓・↑・↓|↑↓↑↓・↑・

いいですね。

また、この曲は、先のダイジェスト動画では省略されている2:55〜中間部分がまたすばらしい逸品となっております。

ZAZEN BOYS時代にあったようなキメフレーズからのミニマルなテロテロフレーズへ流れ込む展開が、時間にしては一瞬ながらもプログレ脳が最高潮に達しつつあります。

それは例えばKing Crimson『Waiting Man』の中間部分であったり……

King Crimson-Waiting Man (Absent Lovers Live)('84)


該当部分から再生

または、Yes『Siberian Khatru』のキメキメ部分であったり……

▼Yes - Siberian Khatru('73)


該当部分から再生

音楽の相が縦から横にがらっと転移するような演出にぼくらプログレ人は快楽を見いだすのでありました。

がらっとではなくジワジワコロコロ変わっていく傑作といえばSoft Machine『Theeth』のこのあたり……!

▼Teeth - Soft Machine('71)


該当部分から再生 2:35〜4:20くらいまで)

快感過ぎて吐きそう。

もう劣化ELLEGARDENなんて言わせない、【もしも、King Crimsonが『cage』でチラっと出してそのまましまってしまったスピード感や『Power to Believe』でポロリと出してまたしまってしまったメタル感を女子マネージャーしたら】というようなベストセラーをハックルしたかのようなこの躍進躍動感。この調子で、アニソンバンドとして不動の地位を築き上げてほしいと切に願うばかりです。蟻プロジェクトくらいには。

番組は……見てません。あれもこれもチェックしなきゃという強迫観念を抑制するために、ニコニコで配信されていない番組は存在しないことにするライフハック

Out of Control

Out of Control

カップリング『Crystal Beat』『Raining Ash』については特にコメントございません。

ZAZEN BOYS - COLD BEAT

『Crystal Beat』なんていうから『COLD BEAT』のナニかと思ったけれど。

ビビッド・レッドオペレーション

OP曲『ENERGY』が好きすぎて吐きそうです。過去3ヶ月の再生回数もトップ。

▼earthmind 『ENERGY』

ENERGY

ENERGY

サビ前のアルペジオのフレーズがフラット7度(ミクソリディア)で#が1つ減って、なんとかモーションしてさらに#が2つ減ってAメロから3度上へ転調して気分もアゲアゲになってるっぽいとかなんとか分析げなこと*1をやりかけても一朝一夕にはパクれない展開です。

また、最初はすぽーんと抜けたサビノマエが2コーラスめはそのまんまバンドが居座り、特にドラムのやる気が満々なところが面白い。最初は引き算で劇的にし、次は足し算で盛り上げる、という。。ENERGY さんはバンドなのでしょうか?何度も聴いていると、この曲は遠慮のないドラムにひっぱられて高みに登ってるなーという結論に達しました。

番組は……\見ました!/

物語を要約すると、赤、青、緑、黄、と黒の戦隊アクションです。

ニコニコでの本編配信と併せて行われていた、出演者によるニコニコ生放送が楽しかったりしました。レギュラー出演されていた「青」を演じている村川梨衣さんが珍獣すぎて!

あいまいみー

テーマ曲、キャラソンでがっつりギターを弾いているのは「元METALLICA」でおなじみのマーティー・フリードマン

▼ギリギリ最強あいまいみー

まさにマーティーの無駄遣い!アニソン+ヘヴィメタル+チップミュージックのいびつな合体。

特にお気に入りは「Asparagus」。

▼100分耐久 「Asparagus」(あいまいみー

このギターソロ!和音でぎゅいーんと乱入→ジミー・ペイジがよくやるフレーズ→一息ついてからの早弾き→リッチー/ブラックモア式コードアルペジオ→もういっちょ早退きから華麗に去る。ギターソロの様式ってやつがぎっしり詰まった濃い20秒。うっとり。また、役名「ミイ」を演じる内田真礼さんのゲスいセリフもやみつきになります。

ギリギリ最強あいまいみー!

ギリギリ最強あいまいみー!

番組は……\見ました!/なんだかんだで1年間続けているソシャゲ「拡散性ミリオンアーサー」のゲーム内4コマ漫画を、ちょぼらうにょぽみ先生が描かれていて(もちろん狂気のキャラ崩壊)、そのつながりで。

、役名「ミイ」を演じる内田真礼さんが《ビビッド・レッドオペレーション》でのクールな「黒」役と同一人物とはニワカには信じられない。声優家業パない。かわいげな「麻衣」役の内田彩さんが、《ビビッド・レッドオペレーション》での地味めな「黄」役だというのもなかなかの驚き。突っ込み役の「愛」役の大坪由佳さんが、《ビビッド・レッドオペレーション》で男勝りな「緑」役だというのは…\トーシロでもすぐわかりました/

*1:やや、Youtubeでピアノアレンジを弾いている人を見ただけでありますが