怪奇骨董たおやめぶりっこ

ますらおぶりに憧れるブログ。涙がちょちょぎれちゃう。だって怪奇骨董たおやめぶりっこだもの。

「ピアノ協奏曲第2番ハ短調」ラフマニノフ

クラシックにはまっていた頃を思い出す第1弾。1900年、ロシア製。

ふとラフマニノフが聴きたくなって遺跡化していたクラシックCDの山を掻き分けて取り出してきた。ロシアの作曲家、セルゲイ・ラフマニノフ(1873〜1943)によるピアノ協奏曲。4曲遺したピアノ協奏曲できっと一番有名で人気の高い作品。

  1. 第1楽章:モデラート
  2. 第2楽章:アダージョ・ソステヌート
  3. 第3楽章:アレグロ・スケルツァンド

中身

第1楽章

冒頭、だーん、だーんとフェードイン(クレシェンド)してくる重い和音から、怒涛のピアノアルペジオに乗せて重苦しくも優雅な第1主題が奏でられる。それ、何てバンドの様式美ハード・ロック・アルバムのオープニング?リッチーもびっくりのハードロックチューンである(たおやめぶりっこ - 「Rising」Rainbow)。

第2楽章

ぐうぐう。

第3楽章

しばしのころころと軽やかな演奏ののち、やってまいりますあの旋律が。人類史上3本の指に入る美しいメロディが。甘く優美でありながら深い哀愁を湛えている。よろしく哀愁なメロディがマニノフの芸風であり、ほかの協奏曲/交響曲でも、そういうのが現れるたびに「キター」とゾクゾクするものなのであります。その中でも最高のメロディがこの第3楽章のヤツ。悶死します。「こういうメロディが五線譜の上に見える目」なら喜んで死神と取引するでしょう。そして書き上げたメロディと共に即死するでしょう。

(-_-)ちーん

音源/資料

音源
Welcome to Ray Arthur Wang's Home Page
全楽章まるごとダウンロードできます。太っ腹!!
SoundClick song info: Rachmaninoff: 2nd Piano Concerto by Clark Minor - Concert pianist, artist teacher, classical pianist, concert artist, virtuoso pianist.
第3楽章のピアノソロ編曲版

YouTube - のだめラフマニノフ

ドラマ版「のだめ」より。第1楽章と第3楽章のおいしいところダイジェスト(協奏)。

のだめカンタービレ『ピアノ協奏曲第2番(pf伴奏)』ラフマニノフ - Ameba Vision

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=88380

ドラマ版「のだめ」より。第1楽章と第3楽章のおいしいところダイジェスト(ピアノ連弾)。