読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪奇骨董たおやめぶりっこ

ますらおぶりに憧れるブログ。涙がちょちょぎれちゃう。だって怪奇骨董たおやめぶりっこだもの。

「天球の音楽」牧野由依

今日聴いた音楽。2006年、日本製。牧野由依の1stソロアルバム。第一印象★★★」。

天球の音楽

天球の音楽

序章

激しく「たおやめぶりっこ - 「Nino」ROUND TABLE feat.Nino」に関連して。手に入れたきっかけも、「Nino」を予約する際、アマゾンの「あわせて買いたい」にこの作品が載っていたから、勢いでぽちっとなした次第。おせっかいなweb2.0ショッピングの恐るべき罠ですわ*1

まずは、そもそも牧野由依って誰ですかということで検索するところからはじめます。買う前に調べないあたりがブルジョワジー、もしくはセレブ。*2

牧野由依 - Wikipedia

牧野 由依(まきの ゆい、1986年1月19日 - )は、日本の女性声優・女優・歌手。サンミュージック出版/ビクターエンタテインメント所属。

2006年
ARIA The NATURAL(茜)#26

がってんがってんがってん。

本編

「天球の音楽」は、「Nino」と同じで「可愛げで、華奢で、やさしくて、明るくて、あたたかい歌声を持つシンガー」による作品である。だけど、音楽がまるで違う。まるっきり違う。この違いに着目したい。本当にしたい?・・・いや、それほどでも。

「Nino」が、たとえアニメ作品に使用されようとも頑なにミュージシャンRound Tableのポップを貫いているのに対し、「天球〰」は露骨にある種の音楽げな様相を呈す。

冒頭に菅野よう子の筆によるメトロポリタンミュージアムのような不気味さを醸す「オムナ マグニ」が配されているかと思えば、アルバム「Goddess in the Morning」で聴いたことのあるような音があちこちにちりばめられている。これはヒットチャートに乗るJ-Popにはまずありえない特徴だ。

また、「ジャスミン」や「ユメノツバサ」みたいな短調を基調したポップスは、声優の歌曲にとてもありがちで、同時にやっぱりヒットチャートに乗るJ-Popには採用されづらい(そこを敢えて踏み込んでくるケースは多々ある)音楽だ。桑島法子堀江由衣の鉱脈に乗っかる伝統芸能。

この種の歌曲を総称して、仮に「ある種のポップ」と名づける。ほとんど≒声優によるボーカルソロアルバムととらえて差し支えない。

んで、「天球〰」の特徴を踏まえたうえで一般的な「ある種のポップ」について考察したい。したいけどもうめんどくさくなってきたのでやめちゃう。実際、「ある種のポップ」に該当する作品を自ら論じられるほど聞いたことがないという致命的な欠点がもごもご。

▼補足「ハレ晴レユカイ

2006年に【界隈】を席巻した「ハレ晴レユカイ」である。こういう恐ろしいまでに濃密な曲も「ある種のポップ」に含む。こちら*3の音楽性は「天球〰」型と、「ハレ晴レユカイ」に二極化しているような気がする

音源

▼「ユーフォリア

▼「もどかしい世界の上で」

その他全曲ダイジェスト視聴&解説はオフィシャルサイトで:牧野由依

やっぱり素直な作曲、素朴な編曲による「ウンディーネ」「ユーフォリア」、あるいはベタだけど佳曲な「ユメノツバサ」が好みである。

▼関連しない作品「BEST ON TOUR 76」VANDERTOP

'76年、フランス製。「天球の音楽」という単語で思い浮かぶのはこちら。ヤニク・トップ&クリスチャン・ヴァンデ体制によるMAGMA(それを通称「VANDERTOP」と呼ぶ)による、'76年のライブ音源の寄せ集めアルバム。


BEST ON TOUR 76

アーティスト: MAGMA 
出版社/メーカー: UTOPIC
税込価格: 2,300円(税込)

「天球の音楽」とは以下のような素敵な概念です。詳しくはこちら「天球の音楽

「天体はその運行によって固有の音を発し、太陽系全体で和音を奏でている。これが"天球の音楽"であり、我々は生まれた時からそれを聴いている為、音として知覚することができない。」(MAGMA | CHRISTIAN VANDER | OFFERING 専門ファンサイト - ディスコグラフィ : UTOPIC RECORDS - VANDERTOP / Paris 76

さて、ここに収められている「La Musique des Spheres」は、本来の「天球の音楽」が持つ素敵な概念からは想像できないような壮絶な楽曲になっています。特に中盤は、アクションRPGのラスボスの音楽がこんなだったら興奮覚めやらないこと請け合い。それは、下に紹介する視聴音源から察することができよう。ちょうどキメの1秒前で終わってしまうのが歯がゆいが。

「De Futura」もすごいすよ。

*1:参考:[http://www.milkstand.net/fsgarage/archives/000952.html:title=F's Garage:Web2.0の定義に付け加えたい一つの要素]

*2:参考:[http://q.hatena.ne.jp/1167537011:title=人力検索はてな - 日本でのセレブとブルジョアの違いはなんですか?現在のご自身の認識を書いてください.]

*3:率直に「アニソン」とゆってしまえばそれまでだけど、語義としてちょっと矮小。もうちっと広い意味でとらえたいから。