読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪奇骨董たおやめぶりっこ

ますらおぶりに憧れるブログ。涙がちょちょぎれちゃう。だって怪奇骨董たおやめぶりっこだもの。

侵食される右脳と左脳

音楽 連想プレイリスト

突発的にそして病的に音楽重視を打ち出し中の「たおやめぶりっこ」でありますが、「今日聴いた音楽」に続いて、「連想プレイリスト」という尿瓶を用意してアレをツッコミまくります。

ラインナップ

  1. 「侵食〜lose control」L'Arc en Ciel
  2. 「Heaven's Drive」L'Arc en Ciel
  3. 「Stairway To Heaven」Led Zeppelin
  4. 「All Along The Watchtower」Jimi Hendrix
  5. 「immigrant song」led zeppelin
  6. 「RIFF MAN」「HARD LIQUOR」ZAZEN BOYS

1.「侵食〜lose control」L'Arc en Ciel

「ジェーポップ強化計画(第1弾)まとめ」(id:fractured:20060919:1158688953) で引用しなかったとある発言から連想スタート。

JPOPらしいJPOPで真っ先に浮かぶのはやっぱりL'arc〜en〜Cielの浸食ですねー。
4拍子と3拍子と6/8+7/8と8/8+7/8が入り乱れててわりとやりたい放題。

イエス!知ってる範囲のラルクの曲で唯一お気に入りなのがこれ。シングル3枚同時リリースに紛れ込んでいた。こんな変拍子をシングル化するなんてまさに飛ぶ取り落とす勢いやりたい放題だなと感心しました。

スピード感と迫力が増しているライブ版をチョイス。こういう按配を凝縮した身にアルバムでも作っていただけたら神棚に飾るのになあ。代案としては・・・

  1. アネクドテンを3倍速にする
  2. ポチャカイテマルコにギター&ボーカルを突っ込む
  3. クリスチャンヴァンデがヘヴィメタルに開眼する

(-_-)だめだ、このネタが通じる気配をまったく感じない。

スタジオ版PVはこちら

2.「Heaven's Drive」L'Arc en Ciel

もういっちょラルク。そういえばもう1曲気になるのがあるんだった。

これもライブ版をチョイス。やっぱり楽器隊は巧いねえ。メインストリームのバンドではSIAM SHADEに次ぐのでは。

3.「Stairway To Heaven」Led Zeppelin('75)

ええ。「Heaven's Drive」を持ち出したのは、「Heaven」をキーワードに「天国への階段」へ繋げるためですよ。この曲の終盤をお聞きになっていただければ、音楽的にも繋がっていることが分かっていただけるはず。ラルクの中の人も、意識的に「Heaven」という単語を使っているのだと思いますよ。

後半2/3の映像をチョイス。全編だと10分超えてしまうので。

Led Zeppelin [DVD] [Import]

Led Zeppelin [DVD] [Import]

映像の出典はこのDVD。思わず悶絶してしまうほどカッコよくでセクシーなZepの雄姿。音楽DVDお気に入り度98点級。

4.「All Along The Watchtower」Jimi Hendrix('68)

中崎タツヤことジミヘンです。「天国への階段」の聴き所は美しいギターソロですが、そのソロを聴くと思い起こされるのがジミヘンのこの曲です。こちらも負けていません。

むかーしこんな記事がありました。

100 Greatest Guitar Solos

「天国への階段」が1位で、「All Along The Watchtower」が5位です。さあ、この記事をネタにいろいろ語りたいひといらっしゃるんじゃないですか?

ライヴ・アット・ウッドストック~デラックス・エディション [DVD]

ライヴ・アット・ウッドストック~デラックス・エディション [DVD]

ジミヘン映像はこれ。伝説の?ウッドストックのライブ映像。スタジオ盤では2分か3分かそこらでフェードアウトしてしまう曲の数々がたっぷりソロられジャムられ本来の姿を堪能できます。超人的なテンションで叩きまくっているのに全然マイクに拾われていないパーカッションの人たちが微笑ましいDVD。

5.「immigrant song」led zeppelin('72)

ツェッペリンに戻って「移民の歌」です。ツェッペリンといえばこれははずせないでしょうということで。

http://www.youtube.com/watch?v=fGQ1smGGrvs:movie=quicktime

いろんな「移民の歌」のテイクのなかで、一番のお気に入りがこのCDの演奏。

突然始まる「移民の歌」の異様にハイテンションな演奏、まるで空気の密度が変わってしまったかのような音の洪水。

と、ライナーノーツも大興奮だ。

6.「RIFF MAN」ZAZEN BOYS('2006)

ジェーポップに戻ってきましたよ。

オフィシャルサイトで配布されている「LIVE AT OKINAWA」より、PART 4(at%20okinawa_4.mp3 18.2MB)をどんぞ。*1

このmp3ファイルは以下5曲のメドレー。最初から7:00あたりまでが「RIFF MAN」。

  • 11.RIFF MAN
  • 12.This is NORANEKO
  • 13.TANUKI
  • 14.MABOROSHI IN MY BLOOD
  • 15.IKASAMA LOVE

ですね、「移民の歌」が途中で登場しますね。自ら「法被を着たLED ZEPPELIN」を標榜するだけありますね。ZAZEN BOYS屈指の名曲です。たまりまへん。

ちなみに、このツアー以前は「HARD LIQUOR」の中間部分に「移民の歌」が入っていました。

そんな感じで連想プレイリスト初回を終わります。

需要はさておきYoutubeのプレイリスト(連続再生可)→Playlist: 連想プレイリスト(1)

蛇足

  1. 1エントリーで紹介できるのは1曲(〜3曲くらいまでよいかな)
  2. 連想するのは他人
  3. 連想した人は自らエントリーを起こしてTrackback

そんな感じのルールで遊べばちったあ面白いかもしれまへん。

  1. YoutubeなりMySpaceなりオフィシャルなりである程度実物を見聞きできること
  2. もっと知りたい人への道しるべを示すこと(手に入る商品へのリンクなど)

で、そういうのが好きな人が発起すればいいさ。おらわあ、プログレ狂隔離病棟のベッドで独り尿瓶にアレを突っ込んでるのがお似合いさ。

*1:はてなの:sound記法ではうまく再生できんかった