読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪奇骨董たおやめぶりっこ

ますらおぶりに憧れるブログ。涙がちょちょぎれちゃう。だって怪奇骨董たおやめぶりっこだもの。

日記を書きます。

当「イデオロギー侍(骨折系)」は、表向きBlogであり裏向きにはmixiの日記であったりするので、たまには裏向きな日記を書きましょう。「政治系」のくせに政治と関係ない日常が書いてあると正直ムカツクという批判は承知のスケさん。

1月29日 新宿

ここ1ヶ月CD購入断ちをしていたので、そりゃもうオナ禁解禁って勢いで突入ワンダーランヅ。移動中などさらーと流し聞きした第一印象を。

「dww」 Richard Pinhas
(D.W.W.) Heldonはご存知ですね?「Stand By」はエクスタシー汁がびゅんびゅん出ちゃう傑作です。ぴこぴこサイバーとごりごりロックの絡みつき吸い付くさまに身悶えるのです。そのHeldonのリーダーであるRichard Pinhasさんのソロを中古で入手。ぴこぴこしてるだけでごりごりしてない!無念でござる!
「Live! 1976」 ZAO
ZAOはご存知ですね?「Kawana」はマハビシュヌ流の良質なJazz-Rockです。MAGMA人脈ですがコバイアワールドじゃないので聴きやすい名盤です。そんなZAOが絶好調だった頃のライブ音源です。呆れかえるような不思議拍子リフを猛スピードでごり押しする様は快感ですね。
「LAYA」 Pochakaite Malko
ポチャカイテ・マルコはご存知ですね?前作「ポチャカイテ・マルコ」のキャッチコピーは変拍子に狂い、暗黒に酔う」という物騒なものでしたが、今作は「異形の妖獣が誘う変拍子の迷宮」と、爽やかにイメチェンしておられます。中身も、前作の暗黒どろどろが幾分か抜けて妖気嫌いのアナタにも多少聴きやすくなっています。
「Pic_Nic@Valdapozzo」Picchio Dal Pozzo
(Pic Nic Valdapozzo) Picchio Dal Pozzoはご存知ですね?1st「Picchio Dal Pozzo」はホロリと涙ぐんでしまうようなほのかな魔法がかかっている傑作ですね。2ndは、1stよりチェンバー度というかレコメン度というかR.I.O.度というか平たくゆうと不思議遊戯度が高い珍品です。さて、最新作であるこいつは、とても大人なアヴァンギャルド作品になっています。
「Mythology」 Derek Sherinian
(ミソロジー) Derek Sherinianは知らなくてもDream Theaterはご存知でしょう。ドリ虫に在籍していたキーボーディストのソロです。前作「Black Utopia」は、目玉ゲストギタリストがアルディメオラと淫具兵衛ということであんまり興味が沸かなかったのでパスりましたが、今作はアラン・ホールズワースとスティーブ・スティーブンスというお好み系だったので買いました。上の4つがとてもアレなので、ハルカにユカリなロックンロールに強い安心感を抱きました。

1月29日 下北沢

某ユニット「dz」(404 Not Found)のライブ(ライブ情報)にいってきた。「え、なに、こいつら」みたいな冷ややかな視線が当社比かなりダウンで、持ち時間の経過が今までになく高速に感じました。毎回毎回凝ったコント演出が施されます。今回は「ナッパ様」。ぐんぐんぐんぐんなっぱさまー。名前だけの「影のプロデューサー」としても満足げ。次回は3月6日新大久保だそうです。

帰り際にVillage Vanguardに寄る。「いため」君がオススメのJazzを教えてくれというので棚をちらちら。

ザ・ケルン・コンサート

ザ・ケルン・コンサート

こいつを激しくプッシュした。この感動的な即興の甘さといったらスピードワゴン財団の全資産を投じても2度と再現できないだろうというくらいあまーいのだよオザワさん。

己の買い物も。漫画を3冊買った。

DDT―僕、耳なし芳一です

DDT―僕、耳なし芳一です

少女椿

少女椿

劇画毛沢東伝

劇画毛沢東伝

悪趣味万歳!!丸尾末広はオフィシャルサイト(丸尾地獄(Maruo Jigoku) | 漫画家 丸尾末広(Maruo Suehio)公式ウェブサイト)のインパクトに圧倒されてからずっと気になってたので、ここで会ったが百年目という勢いで2冊。あと、A先生のステキな長編も衝動買い。ヒトラーおじさん、ふふふ、なんだかとってもゆかいだね。

1月30日 江古田

久々のスタジヲ入り。StudioPanPot(404 Not Found)。御茶ノ水宮地楽器のスタジヲがいかにダサダサだったのかと知る。10分15分続いた迫真のインプロが、テープが止まっててとれていなかったのがショックで立ち直れそうにありません。

(-_-)以上です。ストロベリーニュースのような、こてこてさ(こてこて対象は違うけど)をお察ししていただければ幸いです。

疲れた。